もうすぐ消費税増税はじまる!軽減税率ってなに?

消費税増税 軽減税率

Left Caption

更年期のみーちゃん

もうすぐ消費税が10%になり、軽減税率がスタートするのよね~。
Right Caption

あっちゃん

そうね~。軽減税率が初めて導入されるんだけど詳しくわからないわよね~。今回は軽減税率について調査してみたわよ~!

いよいよ10月から消費税が10%に増税され軽減税率がスタート

みなさんご存じの通り税法の改正により2019年10月1日より消費税が8%から10%に引き上げられます。

今回の消費税増税で増えた消費税は主に少子高齢化対策として使われるとのことです。

また今回は過去の増税とは異なり「軽減税率」が導入されます。

軽減税率って何?対象になるものは?

軽減税率とは?

軽減税率は2019年10月1日より消費税が8%から10%に引き上げられるのと同時に消費税増税に伴う低所得者への配慮の観点から「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」の消費税が8%に据え置く制度をいいます。

軽減税率の対象となる品目は?

飲食料品の中でも軽減税率の対象となるものは酒類・外食を除く食料品になりますが
品目によってはややこしいものもあります。

品目/税率 軽減税率対象 8% 軽減税率対象外 10% 備考
みりん みりん調味料 本みりん 本みりんは対象外
ビール アルコール分が1%未満のノンアルコールビール アルコール分1%以上のビール アルコール分1%以上はお酒になるので対象外
お酒 料理酒やクッキングワイン 日本酒やワイン 調理するためのお酒は対象
栄養ドリンク 医薬品、医薬部外品に該当しない栄養ドリンク 医薬品や医薬部外品の栄養ドリンク 医薬品や医薬部外品は対象外
テイクアウト 公園のベンチでの飲食 店が設置した場所での飲食 店が設置している場所だと対象外
新聞 定期購読契約している新聞 コンビニで購入する新聞や電子版の新聞 定期購読契約をしていないと対象外

これ以外にもどっちなのか迷うようなものがいろいろありそうですね~。
軽減税率の対象になるのか?それともならないのか?と買い物をする間ずっと考えているとそれだけで疲労してしまうので、あまり深く考えすぎずに必要なものや欲しいものを購入するようにしましょう。

消費税増税の前に購入したほうがいいものは?まとめ買いはしたほうがいいの?

ある調査によると消費税増税前に約33%、3人に一人が事前購入を考えているそうです。具体的には日用品が最も多く、食料品、電化製品の順となっています。

ほとんどの食料品は今回軽減税率の対象になるためまとめ買いする必要はあまり感じないですね。お酒類は軽減税率の対象外なので事前にまとめ買いするメリットはあるかなあとは思います。

電化製品は秋に新しいモデルが新発売されることが多いので、この時期に現モデルをセール価格で販売するお店もあるようです。消費税増税前に購入しておくのもいいかもしれません。

いずれにしてもいろいろなお店が駆け込み購入を促す宣伝を行っています。それに踊らされることなく冷静に判断し購入するようにしましょう。

キャッシュレス決済で得しちゃおう!

消費税増税と同時に2019年10月1日から2020年6月30日までの9か月の期間限定ですが政府主導の「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されます。

この制度は主に中小企業での買い物に対して5%や2%のポイント還元を上乗せしてくれるというものです。
チェーン展開している店舗でもフランチャイズ店は中小企業に分類される店舗もあり、2%の還元が受けられます。
個人商店などは5%の還元です。
なお、大手コンビニ各社はどこのお店でも2%の還元されるそうです。

すでにクレジット決済や電子マネーなどキャッシュレス決済を行う人は増えていますが、まだ行っていない人は今回はポイント還元をGETできるチャンスですので是非はじめてみましょう。